上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の大学時代のツレがですね、

小福山雅治というモノマネ芸人をやってるんです。

(ふだんは会社員で、週末などに芸人活動しとるようです)

福山雅治本人の公認。全国ネットのテレビ番組にもチョイチョイ出演。

どうやら、固定ファンもおるらしい。

彼がFacebookで一言書けば、コメント数が半端ない(うらやましい)。

ということで、

小さな福を与える男・小福山雅治の魅力を考えてみようと思います。

そりゃ当然、ネタ元である福山雅治さん本人が大人気だからってのはかなり大きいですが、

どうもそれだけでもないみたいです。

実際にものまねショーを見に行ってみたんですけど、

ただ単に似てる似てないだけでは終わらないんですね。

お客さんを巻き込みながら、ショーを展開していく。

会場を一周しながらお客さんとハイタッチしてみたり。

風船で犬の人形を作っておいて、子供たちに配ってみたり。

単にモノマネの研究だけではなくて、

その場を盛り上げるための研究を、普段からやってるみたいですね。


ショッピングモールでやるようなものまねショーなんて、

完全アウェーな雰囲気のことも多々あると思うんですけど。

場数を踏んで打たれ強くなってるのかなぁ?

堂々とした立ち居振る舞いに見えましたね。



なぜ、小福山をやるようになったかって話ですが、

会社勤めをしながら空いてる時間で、ピエロというかクラウンをやってたらしいんですね。

で、「顔が福山雅治に似てるね~」とかで、今に至るらしいです。

まーたしかに今では、けっこう似てる顔ですけど。

大学時代は、福山雅治には全然似てなかったですけどね。

もっと丸顔で、メガネかけてましたね。

大学時代は、4人でよくツルんでたんですよ。

小福山がマッキー。私はタクちゃん。あとはニッシーとホッチーと4人で。

モテるのは、断然ニッシーだったんですよね。

マッキーは全然女にはモテなかった。私も同様。

チャリンコで日本縦断してみたり、オーストラリアを横断してみたりする男でした。

英会話のNOVAのCMに、生徒の一人として出演してみたり。

普段は地味なんだけど、突拍子もない事をやる男ってイメージだったなぁ。

でもまぁ、人間関係は大事にする男でしょうけどね。

芸人活動を続けるなら、私は陰ながら応援しようとは思ってますが、

会社だけは絶対に辞めるなよと釘は差しときましたけどね。
スポンサーサイト
「虫のバラード」 作曲:多胡邦夫



AKB48が、こんなにロックな歌を歌ってるとは、昨日まで知らなかったんだな。

作曲が多胡邦夫だって!

木山裕策の「HOME」をプロデュースもしてた、けっこう有名な人だわ。



AKB48というと、秋元康がプロデュースしてるアイドルで。

私は秋元康の人間性が嫌いだし、

若い姉ちゃんがキャッキャ言ってるだけっていう先入観もあり、

CDはレンタルしてきたけど、敬遠してました。

なぜCDを借りてきたかっていうと、

アルバム「逆上あり」「RESET」で、

私が所属しているSong Bankの作曲メンバーが3人採用されたから。

ただ、制作スタッフも出演陣たちも、

素人に毛が生えた程度の烏合の衆なんかなぁという先入観があったんだけど、

昨夜、アルバム「逆上がり」を全曲通して聴いてみて、

私が食わず嫌いだったんだと思ったんです。

曲も歌詞も、素晴らしい作品ばかり。

相手が秋元康でも、認めない訳にはいかない素晴らしさです。

この作曲陣に名前が並べられるということは、

Song Bankメンバーだった、沼宮内真さん、Masahikoさん、篤永猛彦さんというのは、

専門で作曲家やってる人と同じくらいに、素晴らしい作曲家だってことだね。

(てことは、私もそれなりの作詞家なんかね?)



「不義理」 作曲:沼宮内真





「ハンパなイケメン」 作曲:Masahiko





「毒蜘蛛」 作曲:篤永猛彦





(後日加筆するかもです。ちょっと衝撃的なアルバムでした)

ということで、加筆します。

AKB関連の作曲コンペって、

1000曲以上集まった中から選ぶんだと、秋元康氏自身がテレビで言ってました。

それは嘘でもなんでもなくて、どうやら事実だそうです。

それを秋元氏自身が全曲聴いて、最終的に曲を選ぶみたいです。

そのあとで、秋元氏自身が曲先で作詞するようです。

かつてはゴーストライター疑惑[真偽不明]が多々ありましたが、このAKBプロジェクトについては、すべて秋元氏自身が本当に作詞しているようです。

1日2作品ずつ作ってるらしいですね。

作曲家さんにとっては、確実にお金につながると思われる、ビッグチャンスなんですね。

そりゃ当然、この作曲コンペは取りたいところですよね。

で、私は不勉強だったんで、「ヘビーローテーション」のイメージが強かったから、

そういう曲が多いのかと、勝手に思ってたんだけど、

アルバム「逆上がり」を聴いてみたら、非常にバラエティーに富んでいる。

先に挙げたようなロックなナンバーも多く、AKBのイメージも変わりました。

そうかと思うと、いかにもAKBっぽい曲もありますね。



「その汗は嘘をつかない」 作曲:小網準





「海を渡れ!」 作曲:松田信男





B'zかBeing系のような曲もあります。

「To be continued.」 作曲:井上ヨシマサ





なんか、7つも画像を貼っちゃったけど。

とにかく良い曲ばかりです。

そこに、秋元康の歌詞が乗ってるわけだわね。

そりゃもう、作詞家としてはプロ中のプロの秋元康氏ですから。

ストーリーも、選ばれてるワードも、メロ乗りも、完成度が高いのは認めなきゃならない。

良い物は認めないと、私の目が節穴だということになるしね。

私がなぜ、秋元康が嫌いなのかというと、

ネットスクール「Dragon-Gate」のころの因縁というのも大きいけど。

例えば、AKBの姉さんたちが食事している写真を載せておいて、

「飯に群がる餓鬼たち」などとキャプションを付けるような、そういう人間性が嫌いなんだ(Google+で見ました)。

お金にもがめついというイメージも先行してるしね。

でも、歌詞は良いんだよね。

全てのアルバムが全て良いかどうかは分かんないけど、

この「逆上がり」に関しては、曲も歌詞もすごく良い。

ただ、気になるのは、

実際に歌っているはずのAKBの姉さんたちが、その良さに本当に気づいているのかどうか?

意味分かんないまま歌わされてるっぽい人も、いるようにも見えるけどね。

動画を見てても、人によって、歌も踊りもレベルに差がある気がするしなぁ。

あーだから、総選挙で選抜メンバー決めるんか?

でもあれも、人気と実力とが、必ずしも相対しているとは言えない気もするが。

でもこうやって動画を見てみると、

人気の大島優子は、踊りのキレも良い感じなんだろうと思ったりもするけど。

ま、あんまり詳しくもないんですけど。



なんか、長文失礼。




祝!

moumoonがフランスチャート(日本人アーティスト)で1位を獲得!

a-nationの模様が、Youtubeで見られます!(いずれ消えるかも!)

YUKAさん、かわいいよね~。

でもライブだと、なんか男前な感じで客をあおるんだね。

柾さんも、カッコ良いよね。

私が今、一番好きな日本人アーティストかもしれないなぁ、moumoon。

初期の頃は、もっと暗い感じというか、哲学的な感じだったみたいだけど。

moumoonが有名になってきたのは、

avexによって方向転換させられたのが大きいのかもなぁ。

マニアックなものを作っても、マニアックな人しか聴かないからね。

シングルにできる売れ線の曲を作るのは大事でしょうね。




福原美穂の新譜のシングルが出ますねー。

ダブルA面の「ライジング・ハート / BEYOND」です。

Youtubeでまさかの、「BEYOND」のフル尺PVが、発売前に公開された!

ソニーさんも思い切ったことしたなぁ。

カラオケで歌ってちょうだいよってことかなぁ?

アッパーチューンの「ライジング・ハート」はフル尺公開されてないけど。

ま、そりゃそうだよなぁ。まだ発売前だからね。







メジャーデビュー5周年なんだな。

インディーズ時代の「恋はリズム」のサビを聴いて、ひと聴き惚れした私です。

今回のキャンペーン活動では、

AMラジオにも出てるんだよね。

名古屋のCBCラジオの「小堀勝啓のトークジャンボリー」にも、たっぷり30分のゲスト出演してました。

最近の私の、アーティストというものに対する印象では、

FMラジオだけにしかでない人って、マニアックなだけで終わる場合が多い気がするんだよね。

AMラジオにも出てこそ、認知度の高い本物のアーティストな気がするんだわ。

だからそろそろ、福原美穂も、ドカーンと大ブレイクして欲しいなぁ。

ライブ@名古屋クラブクワトロのチケットも取ったので、待ち遠しい私なのでした!
宇徳敬子っていったらですね、

私たちアラフォー男子(2013年現在)は、

「好きだったなぁ。懐かしい!」って人も多いように思います。

BBクィーンズのコーラスをやってて「おどるポンポコリン」とか歌ってましたね。

その後で女性3人ボーカルのMi-Keを組んで、真ん中で歌ってました。

(あの頃はセンターとは言わんかった)

有名なのは「想い出の九十九里浜」でしょうね。

あの頃はアイドル的に、メディアへの露出が多かったですね。



その宇徳敬子は今、何をやっているのか?

ラジオDJをやってるんですねー。

NHK-FMのMusic Lineという番組です。

平日の夜の21:10~22:45です。

知らない人も多いのかもしれませんが、

NHK-FMは昔っから、この時間にはJ-POP専門の番組をやってるんです。

この番組の後でやってるラジオドラマ「青春アドベンチャー」とセットにして、

何となく聞いちゃうんだよねー、って人も多いんじゃないかな?

NHK-FM=クラシックとは限らないんですね。

で、毎日必ず、アーティストをゲストに迎えるんですけど、

宇徳敬子さん自身も、歌を書いたりもする人なので、

アーティストに対する質問も、作り手視線のリアリティーを感じる内容が多いんですね。

リクエストなどでかかる曲も、なかなか面白い。

売れ線からマニアックまで、バランスよく網羅してます。

きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、いきものがかり、とかいう売れ線から、

CHAGE and ASKA、織田哲郎、みたいな懐かしいところ、

キノコホテル?ピロカルピン?笹川美和?みたいな、民放FMラジオでもめったにかからんようなマニアックな曲。

いろいろ聞けるラジオ番組です。

宇徳敬子ファンも、そうでない人も、

音楽が大好きな人も、別にそれほどでもないって人も、

一度聞いてみると良いんじゃないかなぁ?

NHK-FMという選択肢も、なかなか捨てがたいなぁ~って思えるかもしれないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。