上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年6月14日(金)

福原美穂ライブ@名古屋クラブクアトロに行ってきました。



名古屋 Funky Nightってことで、メチャクチャ盛り上がりましたね。

福原美穂ライブ史上最大の盛り上がり(本人談)だったみたいです。

テレビ愛知の音楽番組「a-ha-N」が収録に来てたようなので、近々テレビでも見られるでしょう。

去年のボトムラインの時も見に行ったんですけど、

今回はですね、バックバンドの人数が多い。音の厚みがありました。

バックバンドには「Culture Sex」という名前を付けてるみたいでしたね。

デビューから数年の間は、バラードに力を入れてる印象を受けてたんですけど、

今回のシングル「ライジング・ハート」からもうかがえるように、

5周年はアガりまくる曲を並べてました。

見ているこっちも、「ガラゲラッ!」とか大熱唱してストレス発散できました!

また、今回衝撃的だったのは、MCでしたね。

本人がハイになりすぎたのか、大暴露大会でした。

恋バナがねー、ここでは伏せときますけど、それ言っちゃって良いのか?と思ったなぁ。

あとは、ビッグニュースがありましたね。

洋楽でSweet Boxってグループがあるんですけど、

それの6代目ボーカリストに就任決定だそうです!

メチャクチャビッグニュースですよ、これ。



福原美穂には、もう、ドンドン世界に羽ばたいちゃって欲しいね。

超本格派のR&Bボーカリストですから。

クアトロあたりで歌ってる人ではないような気がしてるんだけど、

そういう人がクアトロで見れるってのは、こっちとしては幸福なことではありますね。

ちょうどこの日、ナゴヤドームではEXILEがやってたみたいで、

帰りの電車ではEXILE帰りとガチあってモミクチャにされたけど、

私にとっては福原美穂の方が断然上だってことで、

集客力と音楽性はまた別物だと、負け惜しみとかじゃなくて、そう思ったりもします。
スポンサーサイト
映画「県庁おもてなし課」を見てきました。日曜日に。

有川浩の原作が最近話題だってのもありますし、

堀北真希が見たいよねーってのもあります。

(女性なら「錦戸亮が見たいよねー」って思うんでしょう)

この映画は本当に、良い映画だと思いましたね。

見終わったあとも、爽やかな印象が残ります。



ザックリとあらすじを書いてみます。

高知県庁の中にできた「おもてなし課」。

高知の観光を盛り上げたいと考えています。

その為に[清藤]という男を雇うことになります。

この清藤はかつて、高知県庁で働いていたのですが、

「パンダ誘致論」(架空の話だそうです)が庁内で総スカンを食らって、退職する羽目になります。

(のちに神戸がパンダを誘致して、観光客がドカッと増えたので、清藤が正しかったという展開です)

高知県は観光立県になれるのか?二の轍を踏むのか?

という内容を縦糸に、人間ドラマとラブロマンスが横糸になってる映画と言えましょう。



原作者の有川浩さん(女性)は、高知県の出身だそうです。

というのもあり、高知県を舞台にしたんでしょうけど。

劇中で「高知県は観光誘致が下手だ」というのを下敷きにしてますが、

実際の高知県庁のHPを見てみて、

やっぱり、観光誘致が下手なような気がしましたね。

これを見たら、せっかく映画を見て「高知に行ってみようかなぁ?」と思った人も、

「やっぱり行くのはやめとこうかなぁ?」と思っちゃうんじゃないの?

映画の中で、せっかく良いプランを提示しているのに、

「あくまでフィクション」で終わらせちってるのは、ダメでしょ?

ロケ地巡りにしても、これじゃ行く気なくなるわさ。

主要なロケ地は、地図に写真入りで大々的に宣伝しないと。

予算の問題ではなくて、工夫次第でもっと何とかできると思うけどね。

実際、北海道の富良野は「北の国から」で観光誘致に成功したし、

香川県も映画「UDON」の勢いで観光客が増えたらしいでしょ。

その勢いが衰えてきたから「うどん県」にしたわけだよ。

高知県も、いろいろ工夫してほしいね。



でも、こういう問題は、高知県だけに限らないんでしょうね。

他にも同じ問題をかかえた県はあると、有川浩さんも思ってるんでしょう。

私の住んでる愛知県も、観光誘致は下手でしょうね。

だから、タイトルが「高知県庁おもてなし課」ではなくて、

「県庁おもてなし課」
なんじゃなかろうか?

と思いますね。

一番印象に残ったストーリーは、

清藤がかわいそうすぎだって話です。
栄ミナミ音楽祭。バンバンバ...
栄ミナミ音楽祭。バンバンバ... posted by (C)御城葡萄



栄ミナミ音楽祭 '13へ行ってきました。

無料で見られるライブサーキット的な感じなもの。

名古屋で春にやってる、音楽フェスというか。

リクルートのタウンワークとかがスポンサーに付いてるから、無料にできるみたいです。

メイン会場は、ナディアパークの南にある矢場公園ですね。

参加アーティストは、SAKAE SP-RINGよりもさらに、誰だか分かんない人が多い気がしますが。

前日の5月11日(土)は、どしゃ降りの雨だったので行かなかったんですけど、

本日は快晴だったので、夕方から行ってきました。



本日のメインは岡本真夜でした。あの「TOMORROW」のね。

嘉門達夫も出てましたね。最後の曲しか聞けなくて、それがなんか、コミックソングではなくて普通の歌だった。

バンバンバザールって人たちが出てたんですけど、それがすごく良かったなぁ。

名前だけは知ってたんですけどね。

ライブアーティストだなぁって思いましたね。

アーティストにもいろんな人がいてね。

CDのとおりに忠実に丁寧に歌おうとする人もいる。岡本真夜さんもそんな印象が強かった。

ライブアーティストってのは、客を乗せるのがすごく上手いんですよね。

MCで面白トークをして笑いを誘い、自然に手拍子したくなる雰囲気を作る。

バンバンバザールはまさに、そんな感じのアーティストでした。

トヨタのハイエースの歌とかエビフライの歌とか歌ってて、面白かったです。







しかし私も、弱ったもんだよなぁと思ったのは、

こうやってライブを見てても、耳では歌詞を聞いて理解して、ついつい分析しちゃってるんですよね。

1回聞いただけじゃ、歌詞の意味なんか分かんないよってリスナーの方が、多いんだろうけどね。

歌詞カードを見ても意味分かんないよって人もいるでしょう(歌詞が悪い場合も多いが)。

良いんだか悪いんだか。疲れる生き方だわ。
女優の天海祐希さんが、心筋梗塞で倒れたそうですね。

報道ステーションでもニュースになるほどのことです。

うちのオヤジも、心筋梗塞で急に逝っちまったのは去年の話で。

本当に怖い病気ですね。

でも、天海祐希さんってまだ40代でしょ?違ったっけ?



で、彼女は今、

三谷幸喜の演劇「おのれナポレオン」をやってる真っ最中なんですね。

私も、できることなら見たかったけど、

チケット入手困難だったり、そもそも交通費の問題があったりで諦めたんですが。



で、代役が、宮沢りえさんだそうです。

舞台では時々、そういう代役の話を聞いたりしますけど、

そんなことが可能なのか?っていっつも思います。

そんなの、役作りもヘッタクレもないでしょ。

セリフを覚えられるかどうかもね、宮沢りえさん、できるんだろうか?

たぶん今頃は、徹夜でセリフ覚えようとしてるんじゃないか?と想像しますが。

えらいこっちゃなぁ。



天海祐希さんの症状は軽いらしいので、その点は良かったですけどね。

やっぱ、健康って大事ですなぁ。
2013年4月23日(火)。

Caravanライブ@千種文化小劇場に行ってきました。

Caravanが名古屋でライブするのは、2年以上ぶりじゃないかな?

メジャーレーベルのavexから離れて、個人レーベルでやるようになりましたね。

私としてはね、もっと派手にドカーンと売れてほしいアーティストなんですけど。

本人がそれを拒否してるんだから、しょうがないというのかなぁ。

細く長く音楽活動をしたいみたいですね。



で、今回の名古屋公演は、千種文化小劇場(ちくさ座)を選んだんですね。

この会場がですね、私も今回はじめて行ったんですけど、

アーティストたちの間で、評判が良い会場らしいです。

客席が251人というサイズで、円形のセンターステージでやれるってのが、珍しいらしい。

演劇でもよく使われる会場だとか。

名古屋市の公共の施設なんだけど、良い劇場を作ったと思います。



で、ライブの感想ですけど、

Caravanのマイペースさ加減に、さらに磨きがかかってる感じというか。

そもそも、たった一人での弾き語りとはね、はじまるまで知らなかったし。

それがまた、良い感じなんだよねぇ。人柄かなぁ。

最新アルバム「The Sound on Ground」の、さらにその後で作ったという新曲の披露。

4曲くらい歌ってたんじゃないかな?

秋には新アルバムを出すらしいなんて話をしてました。

まーでも、どの新曲を聴いても、

新しいんだけど懐かしいような、

かといって野暮ったいわけでもなく、洗練されたオシャレさって言うわけでもなく、

要するに、「Caravanの世界」が広がってる感じなんですね。

ここまで自然な感じでいられるってーのが、逆に不思議な感じの人なんだよなぁ。



そもそも、Caravanって誰?って人も多いでしょうけど、

デビュー当時はタワレコもイチ押ししてたんで、音楽通なら知ってる人が多いでしょう。

FMラジオですら、滅多にはかからないんですけど、

ラジオDJなら必ず知ってるはずでしょうね。

ZIP-FM「MORNING CHARGE」の、コバタクこと小林拓一郎さんは、

「Caravanを聞きながら、家でボーッとしてると、なんか良い感じ」とか、

ついこの間のオンエアで言ってた気がしたけどね。

まーでも、CDでも良いけど、生で聴きたい人だってのはありますね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。