上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日になって、いまさらのごとく気づいたんです。

トヨタがやってる、ドラえもんのみんなが大人になったらバージョンのCMって、

「免許をとろう」っていうCMなんだね。

それを知って、愕然とした私です。

わざわざそんなCMを流さにゃならんような、そういう時代なんだなぁとね。

音楽でもね、Golden Circleっていう企画で、奥田民生も歌ってるんですけど。

「脳がない」って曲なんですけど。

近頃はバスに乗る若者が増えてるとね。

私が学生の頃(20年くらい前)は、

大学に入ったら、バイトでお金をためて、免許を取るのは必須な感じだったけどね。

「車は何に乗ってるの?」ってのは挨拶代わりの会話じゃなかったか?

良い車に乗ってる男がモテる的な感覚が普通だったんじゃないかなぁ?

今の学生とは、完全に価値観がズレてるのかもしれないね。

なんでこういう状況なんだ?って考えると、

特に首都圏では、駐車場が高いとか、道が混んでるとか、というのに加えて、

交通網が発達してて、本数も多くて、ってのもあるからね。

車、いらなくね?って思うのかもね。

免許くらいは取ろうよ~って思うけどね。

私は名古屋に住んでるから、そういう想いも強いのかも知んないけど。

名古屋は、車がないと不便。車があると便利。

世界のトヨタのお膝元だってーのに加えて、

岡崎には三菱自動車、鈴鹿にはホンダがあるってのもあり、

とにかくここいら辺は、車の街だってのもあるけどさ。

そもそも車って、単なる移動手段ってだけじゃないと思うのね。

ドライブという楽しみがあった方が、幸せだと思うよなぁ。

一人で気ままに、すっ飛ばすのも良し。

デートといえば定番はドライブでしょう、というのもある。

とりあえず、免許だけ取っとけば、

レンタカーでもカーシェアリングでもありますからね。

就職活動でも、免許の有り無しが大きく響くこともあるかもしれないし。

だからできれば、時間に余裕のある大学生のうちに免許を取るってのが、

やっぱ普通に考えて良い気がするんだけどなぁ。
スポンサーサイト
お金持ちになりたいってのは、誰もが願うことでしょう。

では、どれくらいお金を稼いだら、お金持ちだといえるのか?

具体的な数字を考えてみたんです。

会社員としての平均年収は400万円だなんて言われてます。

で、大卒で定年まで働いたとして、40年間だとすると、

ざっくり、1億6000万円稼げるという話になります。

夫婦共働きなら、3億2000万円だということになるのでしょう。

これだけのお金があれば、

日々の食事をして、家を買って、子供を2人育てることが、できるってことかな?

まーだから、宝くじで夢の3億円ってのは、リアルな数字なのかもね。

そう考えるとね、

会社員は嫌だ!夢でドカンと一発当てたい!って人がいるでしょうけど、

それ、いくらなの?って話でね。

1000万円程度で浮かれてても、全然話にならないですよね。

サラリーマンでも、生涯で5億円以上稼ぐ人も、けっこういるらしいですからね。

お金以外の点で考えても、

人間ってのは、何らかの社会活動に参加した方が健全だと、私は考えますから、

会社勤めするってのは、地味ながらもすごいことなんだと思います。

継続することも大事なことだと思います。

それでもやっぱり、私もドカンと当てたい。

それもあって作詞を続けてるってのもあるんだけど(それだけじゃないけど)、

どう考えても、作詞ではお金にならなさそうな感じでね。

何をどうしたら、更に良い感じの暮らしができるのか?

ってのをいろいろ考えてるけど、思いつかないんですよねぇ。
名古屋市南区に住んでるんですけど。

ロイヤルボウルというボウリング場の跡地に、ヤマダ電機ができるんですねー。

ヤマダ電機テックランド名古屋南丹後通り店。

名前が長すぎる。

ここいら辺の土地っていうのは、

ブログには書くにも書きづらいんですけど、

目と鼻の先がああいう所なんで(知ってる人も多いだろうけど)、

いったい何ができるのか?と、ず~っと思ってたんですけどね。

私の散歩コースなんで、便利なところにできると思います。

そのせいなのか何なのか、

本当か嘘かは分かんないけど、

エディオン柴田店が無くなるという噂があります。

無くすことはないんじゃないのか?とは思うんだけど。

しかし、ヤマダ電機は、

建物の着工からオープンまでが、アッという間だね。

ようやく建物らしいものが見えてきたと思ったら、

2013年4月19日(金)には、もうオープンするんだとな。

テレビCMでやってるから、間違いない。

それよりも、ヤマダ電機は、

野並にもあって、有松にもあるのに、

丹後通にも作っちゃって、ヤマダ電機だらけ。

ま、ヤマダ電機は好きなので、良いんですけどね。

ここがオープンしたら、名四高速(国道23号線)は大渋滞しそうだなぁ。

用事がない人は、要町あたりから抜けた方が良いんでしょうね。

あと、書いとくべきことは、

ここの土地の所有者は、滋賀交通のままで変わらないんですよね。

上の建物だけがヤマダ電機の所有だという話で。

滋賀交通は、いくらくらいもらえるんかなぁ?
日本ではタブー視されることが多い「宗教」という存在。

私自身も、怪しい存在という印象はあります。

また、ブログにこういうことを書くことで、対応に困る輩が寄ってくる可能性も心配します。

でも、まー、私なりに宗教についての考えがまとまってきたので、書いておこうと思います。

ということで、このブログに宗教関連のコメントが付いても、削除します。



ある宗教を信じている人(特に新興宗教)は、「良い教えを説いてるから」と答えるでしょう。

でもそれは、私に言わせれば、当たり前だと思います。

教祖は、良い教えを説くことで、金と人と物を集めて、名誉を手に入れたいんでしょう。

良い教えを説かないと、ライバルとなる他の宗教には勝てませんしね。

その点で一番成功しているのは、創価学会とか、幸福の科学でしょうね。

日本には、信教の自由がある。どんな宗教を信じようが、宗教なんか信じなかろうが自由。先進的だな。

日本では、宗教法人というのは、税制面などで優遇措置があるという話ですし。

新興宗教の教祖は、そういう俗人的な欲求を、心の中に持っている気がしてならないですね。

もしも、人心救済を行いたいというのなら、

それに必要な経費は、自腹を切ってちょうだいよと、私なんかは思う。



私の家は、浄土真宗大谷派(お東さん)なんです。

父親の葬式や法事の時に、やっぱりいい加減な宗教だなという印象も受けました。

東別院の坊さんが、お経を読みながら、どっかから飛んできた虫ばかり気にしてたりね。

そういういい加減さが嫌で、改宗する人もいるかもしれませんね。

でも私は、改宗しようという気にはならないんです。

こういう長年続いてる宗教は、今ではもはや文化だと思うんですね。

科学も医学も学問も発達してるから、宗教に心の救済を求めようという時代は、もう終わってる気がします。



私が根っこの部分で信じている宗教ってなんだ?と考えると、

日本の伝統的な八百万の神ということになるかもしれないですね。

世のあらゆるものに神が宿るという考え方。

日本人が日本人である理由の大きな部分というのは、

この考え方が、無意識のうちに根本にあるからなような気もします。



現代の日本人は、悩みも多いでしょうね。

普通の毎日の生活自体が、修行修行の連続みたいなもんだからね。

その悩みの大きな部分は、人との付き合い方なような気がします。

そこで悩むから、宗教にのめり込む人もいるのかもしれないですけど。

それは、コミュニケーションが下手だから悩む人も多いんじゃないかな?

だから、コミュニケーションの技術を学んだほうが良いのでしょうね。

しかし、コミュニケーションセミナーみたいな所は、これもまたどっかの新興宗教とつながりがある場合もあるでしょうけど。



と、宗教に対しては批判的な考えを持ってる私ですけど。

文化としては尊重しているから、神社仏閣に行けばとりあえずキチンと拝みますね。

それは、八百万の精神に基づくマナーなような気もしてます。

でも、あれだよね。

私がある日突然、教祖になってるなんてことも、あるのかもしれないけどね。
ちょっと前にニュースで、学校でのイジメ問題が話題になってました。

イジメって、身近にある深刻な問題なので、私としては、あえて距離をおいてました。

大人になっても職場いじめにあう大人も多いし、社会問題化してます。

イジメについて考えるときにはですね、

スケープゴートって言葉を覚えておくと良いです。

ヤギを吊るすって意味らしいですけど。

1人スケープゴートを作ってですね、

その人について、ムカつくだとかなんだとかいうことによって、

身内の結束を強めようとするわけですね。

特に子供は、見境がないから、集団で殴る蹴るってことになる場合も多い。

だから、イジメ始めるキッカケなんてーのは何でも良い場合が多いんです。

でも所詮、そんな形で強くなったつもりでいる結束なんてのは、

すごく脆いので、すぐに壊れることのほうが多いんですけど、

まーそんなことは考えないんでしょうね。

自分さえ良けりゃー良いという考え方。

そういう人は、自分が責任を取らなきゃいけないことを、極度に嫌う場合も多い。

「あいつが悪い」と言いはる。

ぶっちゃけ、迷惑な存在な気はしますけど。

で、日本ってのは、事なかれ主義な国なので、

表面的に解決すればそれで良いと考える人も多く、

結果、イジメられてる方が、責任を負わされる場合も多い。

「イジメられてるお前も悪い」的な話ね。

で、子供の頃からスケープゴートを仕立ててイジメてて、それで上手くいった人は、

大人になっても、そのパターンでしか仲間を作れない場合が多いらしいですね。

男性よりも、女性に多い気もしますけど。

言いたいことがあるなら、めんと向かって直接言えば良い気もしますけど、

イジメる方は、それができない臆病な人である場合も多い。

だから、イジメクループって、3~4人である場合が多い。

そうやって集団でイジメながらも、

良心の呵責を感じる人も多いらしくて、

でも、それを言葉で表すと、今度は自分がスケープゴートになる可能性もある。

だから、一度イジメが始まると、イジメられてる方も、イジメてる方も、ストレスばかりが溜まる。

と、私が理解しているイジメの構造の一つは、こんな感じですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。