上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は東海テレビで、蓬来軒の陣屋に中日ドラゴンズの選手が集まって、年末放談をやってました。

そこで、山本昌さんが言ってたんですけど、

野球はキャッチボールが一番重要らしいですね。

全部相手の胸元に投げると。あっちこっちに行かないとね。

「ボクと川上のキャッチボールは、お金を取れるくらいだ」

そのくらいキャッチボールに対しての自信があるようです。

イチローも同じ事を言ってた気がします。

「一番難しいのは、キャッチボールだ」と。

一球一球のキャッチボールが、真剣勝負のようです。



話し変わって、将棋なんですけど。

今、羽生善治さんの『大局観』という本を読んでまして。

そこで、詰め将棋について触れられています。

羽生さんといえば、暇さえあれば詰め将棋をやってると聞いたことはありましたが、

詰め将棋のことを「作品」と表現されてたのが、私には驚きだったんですね。

ま、そっちの世界では常識なのかもしれないですけど。

「ミクロコスモス」なんて名前の付いてる、1525手詰めの大作まであるらしいです。



そういうエピソードを目の前にしてですね、

では、作詞における基本練習って何なんだ?と考えてみたんですけど。

それがイマイチ、私にも良く分からないんですけど。

ラップなら、とにかく韻を踏みまくる練習なんでしょうね。ライムってやつでしょうか。

でも、作詞家が必要とされる音楽のジャンルとなると、

まー、字脚を踏む練習ってのはあるかもしれないけど。

メロ先(曲先)作詞ができなければ、プロの作詞家にはなれません。

まずは曲を聴いて、サビ頭が5文字だとする。

となると、5文字の言葉を探さなきゃならない。これが字脚を踏むということ。

これを、サビ頭だけじゃなくて、AメロもBメロもコーラスも、全部やらなきゃならない。

実際に一つの作品を作るとなると、字脚以外にも考えなきゃならないことは、山ほどありますけどね。

誰が、何を、誰に対して歌うのか?

そう考えて5文字となった時、「愛してる」だけが正解だとも言えないと思います。

ひょっとしたら「ひつまぶし」が正解な場合も、稀にあるかもしれないし。

実際に「ミソスープ」なんて歌を、テゴマスが歌ってた気がした。

そういうのも全部、全体でのイメージとか、メッセージとか、ストーリーとか、そういうので変わるんですけど。

どういうストーリーにするのか決めるのが、作詞家の一番重要な部分な気もしますけど。

曲の持つ雰囲気も生かそうと、作詞家なら普通は思うはずなので、そうなると更に難しくなるのね。

でも、まー、字脚を踏む練習ってのは大事でしょうね。

それはあくまで、作詞のテクニックの部分での話ですけどね。

ただ、作詞で一番大事なのは「心が伝わること」って話もありまして。

それは、どの作詞教則本をめくってもたぶん、最初の方に書いてあるでしょう。

つまり「心を磨く」「感性を磨く」ということが必要になるでしょうけど。

そこがね、何をどーすりゃ良いんだ?とか思いますけどね。

分かんないなりに、いろんな事を毎日試したり探したりしてる私ではありますね。
スポンサーサイト
久しぶりに作詞分析をしてみます。

この曲も、クリスマスっぽい歌だと思います。

AIさん『ハピネス』の歌詞





本当にハッピーな気分になれる、ポジティブで良い歌だと思います。

「君が笑えば~」からはじまるサビ頭2行は、キャッチーですよね。

でも、ただただハッピーなだけの歌詞でもないですよね。

AメロBメロでは、ネガティブな要素も見せてますね。

白と黒のコントラストで、白はより白く見えるというか。

白と黒の比率によって、ハッピーな中にも、メッセージの深みも感じられるというかな。

その点が、最近流行っている他の曲とは、違う点な気もします。

最近は、とにかく白白!ハッピーハッピー!以上!って歌詞が多い気がする。

そういうのは、私としては、いかがなものかと思うんです。

だから「ハピネス」が、私には良い歌のように感じるんじゃないかなぁ、たぶん。

AIが歌ってるってのも大きいですけどね。

とにかく明るい姉さんなんで。

それだけでもハッピーな気分になりますわね。



あとは技術面では、

あくまで私の想像なんですけど、

これはたぶん、詞先で作ったんだと思います。

つまり、先に歌詞を書き、後から曲を付けた。

理由は、1コーラス目と2コーラス目で、AメロBメロの字脚が違う。

1コーラス目のメロディで2コーラス目を歌おうとすると、おかしくなる。

これは、AIが自分で作詞作曲をやってるから許されることでしょうね。

作詞家なら、たとえ詞先でも字脚は揃えとかないと、まーたぶんそれだけでボツでしょう。

ただ、歌詞の内容という点では「ハピネス」は、勉強になることが多い気がします。
メ~テレの名鉄のドラマを見ました。50周年記念なんだね。

名古屋行き最終列車というタイトルです。

まー私も、昔は名古屋テレビの映像センターで照明をやってたので、普通の人よりもさらに気になってたんです。



ローカル局がドラマを作るってのは、大変みたいなんですよね。

ドラマってのは、とにかくお金がかかるらしいです。

一番お金がかかるのは、演者のギャラを除くと、セットだそうですね。

そこの所を、名鉄車内とか駅とか、オールロケにすることで解消しているみたいです。

名鉄とかサントリーとか東建コーポレーションとか、スポンサーのご助力もありますしね。

スケジュールの点でも、ドラマは特に大変みたいですよ。

岐阜駅のシーンは、本当の電車が終電出たあとで、たぶん徹夜だったのかなぁ?



見る前は、もっと名鉄車内のシーンだらけなのかなぁと思ってて、

そんなの、いろんな意味で、どうやって撮影するんだ?って思ってたんですけど、

想像していたよりは、電車使ったシーンは少なかったかな。

刑事の取り調べのシーンって、鶴舞公園の噴水の地下を使ってるみたいですね。あんな部屋があったとは驚き。

でも、明るいうちから電車使ったシーンがあったみたいで。

当然、名鉄電車は営業時間中で、普通に乗客もいただろうと想像するんだけど。

しかもしかも、トップアイドルとも言えるSKEの松井玲奈が、そこにはいるわけですよね。

ロケをしたのが何月の何時なのかも気になるところです。

真夏の早朝に臨時電車を出してもらって、真冬の服装でロケしたか?

でも、みんなあんまり汗かいてないみたいだから、違うみたいだし。

技術的にも、電源のコンセントはどこで借りたんだ?とか、いろいろ気になったりしました。

なんか久しぶりに、テレビのスタッフに戻った気分になりました。

技術監督の恒川さんとか、照明の佐々木さんとか、お世話になった人たちの名前も並んでたんでね。



このドラマ、4夜連続なんですね。さっき知った。

わざとツッコミどころ満載なシナリオにしてるところとか、笑えるし面白いです。

名古屋でドラマ作れる機会も少ないだろうし、スタッフも気合入っとるはずなんで、是非見てみてくださいませ。
名駅のイルミネーション #281
名駅のイルミネーション #281 posted by (C)御城葡萄

せっかくカメラを買ったということで、

みんながハッとするような写真を撮りたいんですけどね。

目標としては、フォト蔵のピックアップに選ばれること。

で、年末ですから、イルミネーションを撮ってみようと思い、名駅へ。



ツインタワーの2階でやってたイルミネーションとクリスマスツリーは、今年(2012年)も中止みたいです。

東日本大震災のあとの、エネルギー問題などの影響でしょう。

ちょうど本日(2012年12月16日)は、衆議院議員選挙の投票日でしたね。どうなるんだろうね(まだ開票前)。



夜景の撮り方は、全然分からない。

なので、カメラ(SONY α65)の手持ち夜景モードに任せてみました。

なんかねー、残念な感じというか。

キラキラ感が全然感じられない。

シャッタースピードが速すぎるんだろうかなぁ?

もっと、絞りを開けて、シャッタースピードは遅めの方が、良いのか?分からんけど。

ちゃんと夜景の撮り方を勉強しないとなぁ。



夜景といえば、

フォト蔵で流行ってるっぽいのは、高速道路のJCTの夜景みたいで。

あれがカッコ良いなぁと思ってね。

自分でも撮ってみたいもんだ。
不人気ブログのテコ入れのために、女子アナネタでも書いてみようと思った次第です。

フジテレビの加藤綾子アナが大人気だそうですね。

年末年始特番にも40本のオファーがあるとか。

志村けんが求婚しようとしてるとか、本当かどうか怪しいような噂もありまして。

彼女のことは、内定が出た時に、以前のブログでも取り上げました。

在京各局から内定をかっさらったスーパー綾子は、たしかに実力もあったってことでしょうね。



アナウンサーの実力って、なんなんでしょうね?

基本は、原稿をキチンとよどみなく読めるってことでしょうけど。

でも、原稿を読めないようなアナウンサーもいますよね。東京にもね。

何千倍の難関を勝ち抜いたのが、こいつかよ?とガクッとくることもありますね。

ということは、そこんところは、入社後にでも育てられると考えて、テレビ局は採用を決めるんでしょう。

まーでも、局アナになるような人は、大学通いながら、どこかしらのアナウンス学校で勉強してる人も多いみたいですけど。

とにかく、しゃべり以外の所で、何か目を引くところがあったんでしょうね。

まー私も一応、一時期テレビの仕事してたことはあるんですけど。

現場で一番求められるのは、「気遣い」みたいですね。

局アナならそれなりの学歴も必要だろうし、ある程度勉強のできる頭の良さも必要だろうけど。

必要なときに必要な言動をする「気遣い」、あえて黙っておく「気遣い」ってのは、重要な気がしますね。

特にバラエティ番組でのアナウンサーの役割ってのは、

喋りたがってる人が喋りやすい環境づくりな気がするし。

喋りすぎてる人は黙らせる必要もあるだろうし。

それを、笑顔で明るくやってのけなきゃなんないんでしょう。

とかいう点が、たぶん、加藤綾子アナは優れているから、人気女子アナなんでしょう。

まーでもあれか、フジテレビの女子アナは特に、特別な目で見られることが多いのか?

女子アナにはタレントっぽさを多く求めるのが、フジテレビみたいですよね。

で、「知りたがり!」みたいな番組の時は、外から住吉美紀アナみたいな人を招くとかね。

「知りたがり!」は見たいんだけど、仕事の真っ最中だし、録画してまで見る類の番組でもない気もする。

どんだけ考えてみても、アナウンサーの採用基準は、よく分かんないですけどね。

顔の良し悪しとも限らないですよね。不細工なアナウンサーも、男女問わずいますからね。



そうだ、思い出した。

バード羽鳥慎一アナが、誰かフリーになった女子アナと話してて、

「日テレは落ちたんです」という話になって、

「日テレで言うと、同期は誰ですか?」と質問してた。

それ以降はオンエアでは何も言ってなかったけど、

バードさんの頭の中では、2人の女子アナを比較して、自分が採用担当ならどうしたかを考えたでしょうね。

最初にそういう質問が出た時点で、たぶん、

「この人、仕事出来るな」って思ったんじゃないかなぁ?

と、当のアナウンサー自身でも分かんないくらい、採用基準がよく分かんないんでしょうね。

中田有紀アナが青森放送だったのが、私には本当に謎です。
DVDで映画「プラダを着た悪魔」を見ました。

きっかけは、Song Bankの染川さんの作詞クリニックを、Skypeで受けた時で。

映画なんかから作詞のヒントを見つけるのもありだとね。

そこで薦められたのがこの映画。

ま、私の場合は、映画を見るときは作詞のことは忘れるように心掛けるんですけど(その方が集中できる)。



良かったです。

ネットで調べても、良い評価をしている人が多いのもうなずける。

サクセスストーリー。ハッピーエンド。途中の数々のゴタゴタ。

殺伐としたものになりそうな所を、美しいファッションが中和している。

キャラクター一人ひとりが魅力的だと思いました。

ラブロマンス、ヒューマンドラマ、いろんな要素が盛り込まれてます。

アン・ハサウェイが美人で巨乳だってのにも目を引かれたんだけど、

ライバル役のエミリーの健気さ、いろいろあったあとで生まれる友情とか、良かったです。

劇場での公開時は、面白そうだけど男一人で行く映画じゃない気がしてましたが、

頑張る姿とか、理不尽さとの戦いとかは、男女関係なく共感できるでしょう。



私が好きな歌の、KT TUNSTALL「SUDDENLY I SEE」って、そういえばこの映画の主題歌だったんだと思いだしました。あの歌も流行ったよね。



フジテレビのドラマ「リッチマン・プアウーマン」は(第1回しか見てないけど)、この映画を参考にした部分もありそうだと思いました。
「音楽中心でブログを書け」という私への要望があるらしくて。

ということで、今さっき、back numberについて書いたばかりですけど。

この際だからthe ARROWSのことも書いときます。

新譜「DEADMAN GOES」が出たってことで、買おうかどうしようか悩んでます。



名古屋の松蔭高校の同級生4人組(だったり5人組だったり)。

けっこう期待された感じでメジャーデビューしたはずなんだけど。

「さよならミュージック」の時には、めざましテレビのエンタメ情報でも取り上げられてたんですけど。

その後、休止状態に突入したみたいで。

で、今回の新譜で、久しぶりにアロウズとしての活動再開のようです。



ボーカルの坂井竜二さんが、妙な踊りを踊りながら歌うってことは、一部では有名な話。

優男風でモテそうな感じだけど、今流行の男性像とはちょっとズレてきてるんだろうか?

デビューのタイミングで、もっとドカンと売れてても良かった気が、今でもしますけど。

昔はライブはクワトロでやってたのが、今回はアポロシアターだったらしくて、ちょっと会場が小さくなっちゃったけど、

何かのきっかけと企画次第で、パーンとブレイクしてもおかしくないというか、そんなアロウズを見てみたい気もしますね。

私のブログに対して「音楽中心で書け」と思ってる人がいるらしくて。

そんなの知ったこっちゃー無い。音楽情報なんて溢れまくってるし。そんなに書きたきゃ自分で書け。と、無碍にバッサリ切り捨てるのもイカンのだろうなぁと思いまして。

なんで最近は音楽ネタをブログに書かないのかと言ったら、

特に書きたいと思えるほどの音楽やアーティストと出会ってないから。

テレビをつければ、AKBの二番煎じでドカンと稼ぎたがってるアイドルとかさ。

AKB自体が、おニャン子クラブの二番煎じだし。

そうでなければきゃりーぱみゅぱみゅだよね。出すぎなくらいに出てる。

中田ヤスタカというプロデューサーは敏腕だとは思うけどね。

他のアーティストとかも、「好きだー」「愛してるー」「ありがとうー」だけで終わる歌詞とかさ。メッセージ薄過ぎだよね。

というのがあるので、作詞家という立場だと、何を書けば良いんだか逆に悩む状態かなぁ。



最近気になってるアーティストは、

まだ私がブログに書いたことない人ということになると、

back numberですね。

久々に、バント系で、きちんと鑑賞に耐えうる音楽やってる人たちのように思います。

バンドが低迷している今の時代の中では、孤軍奮闘といった印象かな。

新譜「blues」は、買おうかどうしようか検討中。

メ~テレのドデスカにも使われてる「平日のブルース」が好きなんですけど、

Youtubeで以前見つけたはずなのに消えていた。

ということで今日は「花束」を貼り付けときます。

笑う巨塔



名古屋の名鉄ホールで、演劇「笑う巨塔」を見てきました。

東京セレソンデラックスの解散公演だそうですね。

劇団の名前と、宅間孝行だけは知ってた私です。

宅間孝行って言ったら、朝ドラ「つばさ」で「イモ!イモ!」って言ってた人ですね。

出演陣の、芦名星、斎藤工、デビット伊東、金田明夫、松本明子、石井愃一、藤吉久美子などなどは皆、東京セレソンデラックスの劇団員ではないですね。

「笑う巨塔」公式HPによりますと、

ぜひとも東京セレソンデラックスの芝居に出たいといって集まった人々だということみたいです。

見たあとでそういう話を聞くと、納得もできるんですけど。

とにかく面白かった!

複数の勘違いが積み重なって、終盤までドタバタしていく展開とか。

吉本新喜劇が、もっと洗練されて大人風味になった感じかな。

宅間孝行と金田明夫のアドリブは、コント55号みたいでした。

芦名星のはっちゃけぶりは、最初は誰だか分からないくらいだった。

「笑う巨塔」とは、上手いことタイトルを付けたもんです。

本当に、大爆笑。

これで解散とは、残念。

まー、主宰の宅間さんは、また新しいこと始めたら名古屋にも来ると言ってましたけど。

あと、印象的なのは、踊りだね。

演者が踊るだけなら、まーそういう劇団も多々あるけど。

客も立たせて全員で踊るなんてのは、聞いたこと無い。

シナリオ的にも、客を飽きさせない工夫をたくさんしていましたね。

宅間さんは、そこを最重要視している人のような印象を受けました。

DVDも出るらしいんで、見てない人は是非どうぞ。

演劇はマニアックだって先入観を持ってる人も、そのイメージが変わる作品の一つが、この「笑う巨塔」かなぁと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。