上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SHOGUNがカッコ良いよなぁと、最近になって振り返っているんですよね。

「BAD CITY」が、やっぱり代表曲ってことになるでしょうけど。

ドラマ「探偵物語」の主題歌ですね。

主役の松田優作が演じた「工藤ちゃん」が、おもしろカッコ良くて、社会現象になりました。

30年以上前の話になるらしい。そんなに経つか?



当時を振り返っても、SHOGUNって、王道売れ線アーティストという括りではなかったみたいだけど。

一応作詞家だという立場だと、売れ線かどうかは気にしなきゃいけないんだろうけどさ、

リスナーという立場だと、とにかく好きなモノは好きなんだから、好きなように聴かせてくれということだわね。

「男たちのメロディ」の歌詞とかさ、もー、しびれちゃうよね。

これだよ、これ。

最近の世の中に足りないのは、こういう音楽だ。

今の10代の子は、こういう音楽を知らずに育ってるわけでしょ?

それはなんか、可哀想な気すらするんだよなぁ。

スポンサーサイト
秋の白鳥庭園 | Home | 作詞家の印税って、いくらなんだ?

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。