上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いつやるか?今でしょ! / 林修」という本を読んでいます。

レビューは読了したあとで書く予定ですが、非常に面白いです。




今日は、読書が嫌いな人のために、「読書してみようかな?」と思えるような記事を書くことを試みます。

私もかつては、読書が大嫌いだったんですけど、

作詞なんてものをやるからには、読書くらいせにゃならんだろうと、必然性に駆られたんですね。

で、今回のタイトルを「読書は、面白いですよ。」としたんですけど、

そりゃやっぱ、つまらなかったり難しかったりする本だってあります。

ちょっと考えてみて欲しいんですけど。

例えば、テレビ。

「テレビ大好き!」って人は多いでしょうね。

朝起きてから夜寝るまで、家にいる時はテレビを見てると。

移動中だってワンセグでテレビ見る人も多いでしょうけど。

でも、本当に面白い番組ばかりなんでしょうか?

「つまらない」と思いながらも、何となくテレビ見てる場合も、多くないですか?

面白いテレビ番組もあり、つまらないテレビ番組もある。

映画だって、音楽だって、ゲームだって、何でもそうだと思うんですよ。

面白いものもあれば、つまらないものもある。

でも、読書嫌いな人ってのは、

「読書=嫌い」という固定観念が、あまりにも強すぎるのではないでしょうか。

私も気持ちは分かりますよ。

何百ページという紙の上に、文字がダラダラ並んでるだけで、ウンザリすると。

ぶっちゃけ、面倒くさいとね。

でも、面白い本に出会った時にはですね、

面白すぎちゃって面白すぎちゃって、

どんどんページをめくって、時間も忘れて読みふけってしまいますね。

読書する習慣があるってのは、楽しいことだと思いますよ。
スポンサーサイト
小福山雅治の魅力を考える。 | Home | 作詞「メイクアップ」

Comment

No title

あー、

最近はネット通販の、Amazonとかbk1とかで買う人も増えてるでしょうけど。

本屋や古本屋を覗くってのは、買わないとしても楽しいと思います。

私は図書館ではあまり借りないんですけどね。

「あー!早く読まなきゃ!」的なあの感じがどうも苦手で。

2013/06/13 (Thu) | 御城葡萄 #- | URL | Edit

読書はイイですよねぇ。

わたし最近は読書ご無沙汰って感じですが、もともとは本の虫でした。

拙い わたしが読書に関して唯一お薦めする策としては…

『図書館』『本屋』『古本屋』を覗くってことです。
平積みのモノや装丁につられて、本来なら興味の無い本を読む機会に巡り合う可能性がありますよ。
って、多分 そうされていると思いますが…

2013/06/12 (Wed) | 福猫 #F/AZ0RHc | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。