上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

Comment (0)Trackback (-)

スポンサーサイト
このブログに移行して、まだ1年経ってないんですけど、

再び移行しようかなぁって思います。

「情報タワーAmaba」 ある作詞家の第3のブログ

理由は、アクセスが思うように伸びないから。

時間と手間をかけて、お金にもならないブログを書いてる理由は、

社会に対して何らかの影響を与えたいという、そういう欲が自分の中にはあるわけです。

アメブロは、SNSみたいなもんだから、

お客さんが増えるかもしれないと期待しての移行です。

まーただ、ブログの機能そのものでは、

FC2の方が、いろいろカスタマイズできて、私は好きですけどね。
2013年6月14日(金)

福原美穂ライブ@名古屋クラブクアトロに行ってきました。



名古屋 Funky Nightってことで、メチャクチャ盛り上がりましたね。

福原美穂ライブ史上最大の盛り上がり(本人談)だったみたいです。

テレビ愛知の音楽番組「a-ha-N」が収録に来てたようなので、近々テレビでも見られるでしょう。

去年のボトムラインの時も見に行ったんですけど、

今回はですね、バックバンドの人数が多い。音の厚みがありました。

バックバンドには「Culture Sex」という名前を付けてるみたいでしたね。

デビューから数年の間は、バラードに力を入れてる印象を受けてたんですけど、

今回のシングル「ライジング・ハート」からもうかがえるように、

5周年はアガりまくる曲を並べてました。

見ているこっちも、「ガラゲラッ!」とか大熱唱してストレス発散できました!

また、今回衝撃的だったのは、MCでしたね。

本人がハイになりすぎたのか、大暴露大会でした。

恋バナがねー、ここでは伏せときますけど、それ言っちゃって良いのか?と思ったなぁ。

あとは、ビッグニュースがありましたね。

洋楽でSweet Boxってグループがあるんですけど、

それの6代目ボーカリストに就任決定だそうです!

メチャクチャビッグニュースですよ、これ。



福原美穂には、もう、ドンドン世界に羽ばたいちゃって欲しいね。

超本格派のR&Bボーカリストですから。

クアトロあたりで歌ってる人ではないような気がしてるんだけど、

そういう人がクアトロで見れるってのは、こっちとしては幸福なことではありますね。

ちょうどこの日、ナゴヤドームではEXILEがやってたみたいで、

帰りの電車ではEXILE帰りとガチあってモミクチャにされたけど、

私にとっては福原美穂の方が断然上だってことで、

集客力と音楽性はまた別物だと、負け惜しみとかじゃなくて、そう思ったりもします。
私の大学時代のツレがですね、

小福山雅治というモノマネ芸人をやってるんです。

(ふだんは会社員で、週末などに芸人活動しとるようです)

福山雅治本人の公認。全国ネットのテレビ番組にもチョイチョイ出演。

どうやら、固定ファンもおるらしい。

彼がFacebookで一言書けば、コメント数が半端ない(うらやましい)。

ということで、

小さな福を与える男・小福山雅治の魅力を考えてみようと思います。

そりゃ当然、ネタ元である福山雅治さん本人が大人気だからってのはかなり大きいですが、

どうもそれだけでもないみたいです。

実際にものまねショーを見に行ってみたんですけど、

ただ単に似てる似てないだけでは終わらないんですね。

お客さんを巻き込みながら、ショーを展開していく。

会場を一周しながらお客さんとハイタッチしてみたり。

風船で犬の人形を作っておいて、子供たちに配ってみたり。

単にモノマネの研究だけではなくて、

その場を盛り上げるための研究を、普段からやってるみたいですね。


ショッピングモールでやるようなものまねショーなんて、

完全アウェーな雰囲気のことも多々あると思うんですけど。

場数を踏んで打たれ強くなってるのかなぁ?

堂々とした立ち居振る舞いに見えましたね。



なぜ、小福山をやるようになったかって話ですが、

会社勤めをしながら空いてる時間で、ピエロというかクラウンをやってたらしいんですね。

で、「顔が福山雅治に似てるね~」とかで、今に至るらしいです。

まーたしかに今では、けっこう似てる顔ですけど。

大学時代は、福山雅治には全然似てなかったですけどね。

もっと丸顔で、メガネかけてましたね。

大学時代は、4人でよくツルんでたんですよ。

小福山がマッキー。私はタクちゃん。あとはニッシーとホッチーと4人で。

モテるのは、断然ニッシーだったんですよね。

マッキーは全然女にはモテなかった。私も同様。

チャリンコで日本縦断してみたり、オーストラリアを横断してみたりする男でした。

英会話のNOVAのCMに、生徒の一人として出演してみたり。

普段は地味なんだけど、突拍子もない事をやる男ってイメージだったなぁ。

でもまぁ、人間関係は大事にする男でしょうけどね。

芸人活動を続けるなら、私は陰ながら応援しようとは思ってますが、

会社だけは絶対に辞めるなよと釘は差しときましたけどね。
「いつやるか?今でしょ! / 林修」という本を読んでいます。

レビューは読了したあとで書く予定ですが、非常に面白いです。




今日は、読書が嫌いな人のために、「読書してみようかな?」と思えるような記事を書くことを試みます。

私もかつては、読書が大嫌いだったんですけど、

作詞なんてものをやるからには、読書くらいせにゃならんだろうと、必然性に駆られたんですね。

で、今回のタイトルを「読書は、面白いですよ。」としたんですけど、

そりゃやっぱ、つまらなかったり難しかったりする本だってあります。

ちょっと考えてみて欲しいんですけど。

例えば、テレビ。

「テレビ大好き!」って人は多いでしょうね。

朝起きてから夜寝るまで、家にいる時はテレビを見てると。

移動中だってワンセグでテレビ見る人も多いでしょうけど。

でも、本当に面白い番組ばかりなんでしょうか?

「つまらない」と思いながらも、何となくテレビ見てる場合も、多くないですか?

面白いテレビ番組もあり、つまらないテレビ番組もある。

映画だって、音楽だって、ゲームだって、何でもそうだと思うんですよ。

面白いものもあれば、つまらないものもある。

でも、読書嫌いな人ってのは、

「読書=嫌い」という固定観念が、あまりにも強すぎるのではないでしょうか。

私も気持ちは分かりますよ。

何百ページという紙の上に、文字がダラダラ並んでるだけで、ウンザリすると。

ぶっちゃけ、面倒くさいとね。

でも、面白い本に出会った時にはですね、

面白すぎちゃって面白すぎちゃって、

どんどんページをめくって、時間も忘れて読みふけってしまいますね。

読書する習慣があるってのは、楽しいことだと思いますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。